玉石混交?講師のレベルはまちまち

学生アルバイトが講師の可能性

勉強を教えてくれる人として学校の先生がいます。先生には資格が必要で資格さえあれば先生の仕事ができますが、それでも若手の先生とベテランの先生でそれなりに差が出るときがあります。個別指導塾は生徒一人から数名に対して一人の講師を充当する必要があり、集団指導塾に比べると多くの講師を抱えないといけない事情があります。運営費を抑えようと学生アルバイトが講師を務めるところがあり、全員がプロの塾に比べると講師の教え方に差が出やすくなるようです。ただ塾の中には講師をリクエストできるところがあり、自分に合う講師がいるならその人に集中的に教えてもらうと良いかもしれません。リクエストができないところだと毎回異なる講師から教わるなどもあります。

個別であるがゆえ相性が大事

集団指導塾の講師は多くの生徒の前で授業をするので、特定の生徒にだけ優しくしたりきつくしたりなどはありません。生徒が個人的に合う合わないと感じたりはするでしょうが、講師からするとすべての生徒に平等な対応をしてくれます。一方個別指導塾は一人から数人の生徒に対して一人の講師が付くので、優しい講師ときつい講師の差がはっきり分かるかもしれません。優しいからいい講師できついから良くない講師と言えませんが、相性が合わない講師と勉強をするのはストレスになり勉強をするのにいいサービスと言えないでしょう。個別指導塾を選択するなら生徒との相性を調べて講師をマッチングしてくれるところや、生徒側から講師の希望を言えるところを選ぶ方が良いでしょう。